あなたにフィットする医療職種

理学療法士はおすすめの職種

人気の記事

  • 直面する2025年問題

    直面する2025年問題

    戦後のベビーブーマー世代と言われる団塊世代は2023年から2025年にかけて75歳になるため、後期高齢者の人数と比率が突発的に高まってしまいます。後期高齢者は認知症の発症率が上がるなど介護や医療を必要とする場合が多いため、現状の体制のままでは介護や医療の現場がニーズの増加に対応しきれないかもしれないと言われています。

  • 加速する人材不足

    加速する人材不足

    今、医療業界は人材不足に悩まされています。それと言うのも日本社会の高齢化は世界でもトップクラスのスピードで進んでいるため、高齢者を中心に医療や介護に関する需要が激増しているからです。このまま医療現場の人材不足が進めば近い将来深刻な問題に発展する可能性も高く、社会の危機と言えるでしょう。

  • 薬と患者を繋げる薬剤師

    薬と患者を繋げる薬剤師

    特に調剤薬局を見ていると薬剤師は棚から薬を出すだけではないのかと思うことがあるかもしれませんが、その認識は誤っています。薬には副作用もありますし、同じ薬効でも薬によって値段などが異なるため、患者の方の体調や考え方に合わせて調剤を変える必要があり、薬剤師は薬と患者の架け橋になっているのです。

2016.10.7

運動能力を回復に導く理学療法士

Pocket
LINEで送る

患者さんの身体機能回復に向けて

多くの方が健康に暮らしたいと思っていますが、残念ながら病気や事故の可能性を0にはできません。そしてそういった悲しい出来事の結果、病気そのものや怪我そのものが治ったとしても身体に障害を負ってしまい、以前と同じようには生活できなくってしまう場合があります。そしてそのような方に対して、リハビリのサポートや生活を送る上で必要となる補助器具などの利用訓練のサポートを行うのが理学療法士なのです。患者さん個人にとっても社会全体にとっても重要な仕事の1つと言えるでしょう。

運動能力を回復に導く理学療法士

リハビリにおける理学療法士の役割

一般的にも理学療法士はリハビリに関する専門職としてその地名度が高まってきました。事故の患者などを受け入れる総合病院や、あるいは介護や福祉に関する施設、もしくは専門のリハビリ施設などで活躍が求められている存在です。
なおリハビリのサポートが理学療法士の主な仕事内容になるのですが、その職務には理学に基づいた物理的な治療のサポートも含まれるため、高い専門性が求められる仕事でもあります。また相手の身体に関する問題はその原因が事故か病気かなどによっても異なりますし、1人1人体質なども異なるため高い観察力が求められる仕事と言えるでしょう。

運動能力を回復に導く理学療法士

理学療法士の目指すこと

理学療法士が普段の仕事の中で目指していることは、どういった相手を対象とするかによってその都度異なります。
いくつか例を出しますと、相手が一般的な仕事をしているまだ若い方の場合、仕事や生活に支障をきたすことがないように身体機能を回復させる必要があるため、そこが仕事のゴールになります。次に四肢切断などの理由によって身体機能の回復が難しい場合は、義手や義足などの利用を促しそのための訓練を行います。また、スポーツ選手で肩や肘などの酷使によってその機能に障害を負ってしまったような方が相手であれば、より専門的なリハビリによって現役として復帰できるまで機能を回復させることがゴールになります。そして介護施設や福祉施設などで働いて高齢者の方などの身体能力を回復させるという場合には、介護職員の方とも相談し、相手の体力に合わせてどのレベルまで身体能力を回復させるかを決め、それをゴールとするわけです。
このようにとても高い応用力が求められる仕事と言えるでしょう。

運動能力を回復に導く理学療法士

連携が仕事のポイント

また理学療法士の仕事の特徴の1つに、連携の重要性が挙げられます。理学療法士を必要とする人は病気や怪我などで医療、もしくは加齢による介護の必要性などを抱えているためです。

運動能力を回復に導く理学療法士

こちらの記事も
要チェック!

“ファーマキャリア”で薬剤師になる
“ファーマキャリア”で薬剤師になる 17.02.10

薬剤師での転職を考えているのであればファーマキャリアがおすすめのサービスです。なぜならば転職サポーターの育成に力を入れており、給与を良くしたいという場合の条件交渉や、子育てや介護などの理由で時短勤務を行いたいというような場合の条件交渉なども積極的に行ってくれるからです。

利用者の生活全般をサポートする介護福祉士
利用者の生活全般をサポートする介護福祉士 16.12.14

介護福祉士の仕事は、広い意味で介護サービス利用者の生活全般をサポートすることです。それは日常生活の世話を行うという意味ももちろんありますし、それだけではなく不安になりがちなサービス利用者とその家族の相談にのってメンタル面のケアも行うということです。

医師と患者を支える看護師
医師と患者を支える看護師 16.05.11

看護師の仕事は医師の治療や診断のサポートと、患者のためのサポートの2つに分かれます。また医師は責任重大であることからプレッシャーが大きく、患者の方も大きな不安を抱えている場合が多いだけに、看護師がそれぞれに対して精神的な意味でもサポートをすることが大切になります。