あなたにフィットする医療職種

看護師はおすすめの職種

人気の記事

  • 直面する2025年問題

    直面する2025年問題

    戦後のベビーブーマー世代と言われる団塊世代は2023年から2025年にかけて75歳になるため、後期高齢者の人数と比率が突発的に高まってしまいます。後期高齢者は認知症の発症率が上がるなど介護や医療を必要とする場合が多いため、現状の体制のままでは介護や医療の現場がニーズの増加に対応しきれないかもしれないと言われています。

  • 加速する人材不足

    加速する人材不足

    今、医療業界は人材不足に悩まされています。それと言うのも日本社会の高齢化は世界でもトップクラスのスピードで進んでいるため、高齢者を中心に医療や介護に関する需要が激増しているからです。このまま医療現場の人材不足が進めば近い将来深刻な問題に発展する可能性も高く、社会の危機と言えるでしょう。

  • 薬と患者を繋げる薬剤師

    薬と患者を繋げる薬剤師

    特に調剤薬局を見ていると薬剤師は棚から薬を出すだけではないのかと思うことがあるかもしれませんが、その認識は誤っています。薬には副作用もありますし、同じ薬効でも薬によって値段などが異なるため、患者の方の体調や考え方に合わせて調剤を変える必要があり、薬剤師は薬と患者の架け橋になっているのです。

2016.5.11

医師と患者を支える看護師

Pocket
LINEで送る

看護師の仕事内容

一時期は白衣の天使として女性が中心というイメージのあった看護師ですが、今はそんなことはありません。呼称も以前の看護婦から看護師に変わり男性も多く働く職種になりました。風邪などをひいて病院を訪れるとまだまだ女性の看護師を多く見かけるかもしれませんが、それは外来だからであって、力仕事も多く発生する入院患者のいる病棟では男性の看護師も多く活躍しています。
さてこのように時代の変化を迎えている看護師ですが、その仕事内容は看護という側面から医師のフォローと患者のフォローの両方を行うことになります。例えば医師のフォローという観点で言えば、患者に対する問診や点滴などを担当したりしますし、注射もできるので血液検査を行ったりもします。また医師よりも人数が多く患者を良く見ることができるため、その状況を観察し何かあれば医師に適切な報告を行うことも重要な仕事です。そして患者のフォローという観点では、医療行為以外に例えば入院患者の生活やメンタル面のフォローなども含まれます。特にメンタル面のフォローの効果は大きく、メンタルが弱りがちな入院患者や重病患者にとってはとても重要な存在と言えるでしょう。

医師と患者を支える看護師

勤務先によって微妙に異なる

ただ看護師を目指している方には気をつけて欲しい点があり、それは看護師の仕事内容は勤務先によって微妙に異なるということです。例えばそれが入院患者も受け容れている総合病院であれば、入院患者のフォローが重要な仕事内容になりますし、規模の大きい病院のため医師の手術のフォローなど責任重大な仕事も発生します。
逆にもっと規模の小さな町の診療所であれば入院患者は受け容れず外来診療のみのため、外来患者のフォローや検査の実施などが主な仕事になります。またその他に少数ですが看護師の資格保有者の勤務先として保健所などの公的機関もあり、そういった所では病院とは全く別の事務仕事が中心になります。

医師と患者を支える看護師

就職は基本有利

看護師になろうとした場合、資格職ですので専門課程のある学校に通って資格を取得しなければなりません。そのため簡単になれる仕事とは言えず、社会の高齢化による医療需要の増加とあいまってどこの病院でも看護師の人材不足に頭を悩まされています。そのために、看護師の仕事は今大変な売り手市場と言えるでしょう。資格保有者であれば就職先に困ることはまずありません。場合によっては採用時の条件交渉もかなり有利に進めることが可能です。育児や介護を理由とした時短勤務の要望や給与UPを望むのであれば伝えてみると良いでしょう。

医師と患者を支える看護師

こちらの記事も
要チェック!

“ファーマキャリア”で薬剤師になる
“ファーマキャリア”で薬剤師になる 17.02.10

薬剤師での転職を考えているのであればファーマキャリアがおすすめのサービスです。なぜならば転職サポーターの育成に力を入れており、給与を良くしたいという場合の条件交渉や、子育てや介護などの理由で時短勤務を行いたいというような場合の条件交渉なども積極的に行ってくれるからです。

利用者の生活全般をサポートする介護福祉士
利用者の生活全般をサポートする介護福祉士 16.12.14

介護福祉士の仕事は、広い意味で介護サービス利用者の生活全般をサポートすることです。それは日常生活の世話を行うという意味ももちろんありますし、それだけではなく不安になりがちなサービス利用者とその家族の相談にのってメンタル面のケアも行うということです。

医師と患者を支える看護師
医師と患者を支える看護師 16.05.11

看護師の仕事は医師の治療や診断のサポートと、患者のためのサポートの2つに分かれます。また医師は責任重大であることからプレッシャーが大きく、患者の方も大きな不安を抱えている場合が多いだけに、看護師がそれぞれに対して精神的な意味でもサポートをすることが大切になります。