あなたにフィットする医療職種

おすすめサービスの理学療法士WORK

人気の記事

  • 直面する2025年問題

    直面する2025年問題

    戦後のベビーブーマー世代と言われる団塊世代は2023年から2025年にかけて75歳になるため、後期高齢者の人数と比率が突発的に高まってしまいます。後期高齢者は認知症の発症率が上がるなど介護や医療を必要とする場合が多いため、現状の体制のままでは介護や医療の現場がニーズの増加に対応しきれないかもしれないと言われています。

  • 加速する人材不足

    加速する人材不足

    今、医療業界は人材不足に悩まされています。それと言うのも日本社会の高齢化は世界でもトップクラスのスピードで進んでいるため、高齢者を中心に医療や介護に関する需要が激増しているからです。このまま医療現場の人材不足が進めば近い将来深刻な問題に発展する可能性も高く、社会の危機と言えるでしょう。

  • 薬と患者を繋げる薬剤師

    薬と患者を繋げる薬剤師

    特に調剤薬局を見ていると薬剤師は棚から薬を出すだけではないのかと思うことがあるかもしれませんが、その認識は誤っています。薬には副作用もありますし、同じ薬効でも薬によって値段などが異なるため、患者の方の体調や考え方に合わせて調剤を変える必要があり、薬剤師は薬と患者の架け橋になっているのです。

2017.4.12

“理学療法士WORK”で理学療法士になる

Pocket
LINEで送る

リハビリ系では少ない専門サービス

リハビリのサポートを行うのが理学療法士のメインの仕事になるのですが、この仕事に特化した転職サイトはほとんどありません。だからこそ理学療法士として転職を考えている方におすすめなのが理学療法士WORKです。なぜなら非常に珍しいリハビリ関係専門の転職サイトだからです。
もちろん理学療法士WORKを使わなければ理学療法士として転職ができないというわけではありません。しかし転職をするのであれば当然前の職場と比較して同等以上の条件で転職を希望されると思いますが、そのためには条件の交渉を行う必要があります。そしてこの交渉を行うことが個人の力だけでは難しいため、転職は大変なのです。そのために世の中には転職サポーターを抱えた転職サイトが誕生し、転職希望者に代わって求人を出している会社や病院と交渉を行うというサービスが誕生しました。しかし理学療法士の転職の場合、総合的な転職サイトでは理学療法士の転職をサポートした実績が少ないため、交渉のノウハウや業界知識も貯まっていません。ですがリハビリに関する転職に特化した理学療法士WORKは、理学療法士の転職サポートの実績が豊富で内部にノウハウも蓄積されているため信頼できるのです。

"理学療法士WORK"で理学療法士になる

嬉しい10万円のお祝い金

また理学療法士WORKには転職希望者にはとても嬉しいサービスを行っており、それは転職成功者に対するお祝い金制度です。基本的に転職サイトはユーザーである転職希望者からはお金をもらわず、転職が成功した際に採用側から紹介料をもらうというビジネスモデルを取っています。このようなモデルのため転職希望者の転職を成功させるよう転職サポーターなどが頑張ってくれるのですが、理学療法士WORKは採用側からもらった成功報酬の一部を転職成功者に対してお祝い金として最大10万円還元しているのです。
もちろんこのような還元制度を設けるのには他の転職サイトにはないユニークな優位性を作り、選ばれる転職サイトになりたいという思惑もあるのでしょうが、何かと出費がかさみやすい転職のタイミングで最大10万円の臨時収入はとてもありがたいと言えるでしょう。お祝い金でもらえる金額は多少の幅があるようですが、遠慮なくもらうと良いでしょう。

"理学療法士WORK"で理学療法士になる

全国対応しているサービスエリア

なお理学療法士WORKのサービス提供エリアはやや首都圏に偏っていますが、全国に対応しています。特に専門的なリハビリ関係の施設はどうしても首都圏に集中しているため、首都圏での転職を考えていたり今後のキャリアを考えてスキルを磨きたいと思っている人はぜひこのサービスを利用すると良いでしょう。

"理学療法士WORK"で理学療法士になる

こちらの記事も
要チェック!

“ファーマキャリア”で薬剤師になる
“ファーマキャリア”で薬剤師になる 17.02.10

薬剤師での転職を考えているのであればファーマキャリアがおすすめのサービスです。なぜならば転職サポーターの育成に力を入れており、給与を良くしたいという場合の条件交渉や、子育てや介護などの理由で時短勤務を行いたいというような場合の条件交渉なども積極的に行ってくれるからです。

利用者の生活全般をサポートする介護福祉士
利用者の生活全般をサポートする介護福祉士 16.12.14

介護福祉士の仕事は、広い意味で介護サービス利用者の生活全般をサポートすることです。それは日常生活の世話を行うという意味ももちろんありますし、それだけではなく不安になりがちなサービス利用者とその家族の相談にのってメンタル面のケアも行うということです。

医師と患者を支える看護師
医師と患者を支える看護師 16.05.11

看護師の仕事は医師の治療や診断のサポートと、患者のためのサポートの2つに分かれます。また医師は責任重大であることからプレッシャーが大きく、患者の方も大きな不安を抱えている場合が多いだけに、看護師がそれぞれに対して精神的な意味でもサポートをすることが大切になります。